BLOG

デザイナーになりたい人へ!覚えておきたいデザイン業界用語10選 〜タイポグラフィ編〜

  • HOME
  • BLOG
  • DESIGN
  • デザイナーになりたい人へ!覚えておきたいデザイン業界用語10選 〜タイポグラフィ編〜

デザイナーになりたい人へ!覚えておきたいデザイン業界用語10選
〜タイポグラフィ編〜

デザイナーになりたい人もそうでない人もこんにちは。グラフィティーの三上です。

この記事をご覧になってるということは少なからずデザインに興味があると思うので、グラフィックデザインにおいてとても大切なタイポグラフィについて知っておいたほうがいいよ!という用語を10個選んだのでぜひご覧ください。

 

そもそもタイポグラフィとは、

①文字を読みやすく配置すること

②文字をひとつのデザイン要素として扱うこと

以上の二通りの意味としてとりあげられることが多いです。

 

デザイン学校を卒業後に初めて入社した制作会社の社長からは、文字組みをみればデザイン力がわかるといわれたのを覚えています。それぐらいwebや印刷物において文字の重要度が高いということですね。 今日はそんなタイポグラフィの中でも欧文に絞って用語を説明できればとおもいます!

1.セリフ体

アルファベットの先端にある短いライン(ひげ)のことをいいます。

平筆の名残という説が有力みたいです。

Garamond・Baskerville・Cochin・Caslon・Bodoni・Century・Didot・Times New Roman・Trajan…

2.サンセリフ体

セリフ体とは逆にひげのない書体のこと。

Avat Garde・Avenir・Century Gothic・DIN・Frutiger・Futura…

3.トラッキング

文字列全体における文字間のスペース。

4.カーニング

各文字同士の文字間スペース。

5.アセンダー

xの文字よりも上の部分のこと。

6.ディセンダー

xの文字よりも下の部分のこと。

7.x-hight

小文字の平均的な高さのことで、あらゆるフォントでxの文字の高さに合わせていることからこういわれるそうです。

8.ベースライン

文字をそこにのせることを想定した架空の線のこと。

9.キャップライン

ベースラインとは逆に大文字と小文字の上に出っ張った部分の上限を想定する線のこと。

10.レディング

文章においてベースラインからベースラインまでの間の空間こと。

以上10選になりましたが、これらは基本的なことばかりなのでこっからさらに追求していってくださいね!

CONTACT

ご質問やご相談は、お電話、
お問い合わせフォームからご連絡ください。

0120-296-559営業時間/10:00〜18:00 休業日/土・日・祝