BLOG

ILLUSTRATORのレイヤーパレットで次々に現れるアレを解消したい

  • HOME
  • BLOG
  • LIFEHACK
  • ILLUSTRATORのレイヤーパレットで次々に現れるアレを解消したい

弊社ではIllustratorのCS4、CS5、CS6での作業を行っています。バージョンをいくつか用意しているのは、クライアントへデータ納品する場合の都合やバージョンアップのタイミングを失敗した(CS5を追加したいと思った時に既にCS6しかなかったなどです)ためです。

レイヤーパレットのサブレイヤーが次々と表示される現象が起こった事ありませんか?

情報量の多いフライヤーなどを扱う場合、レイヤーやグループは作業管理をする上で非常に重要です。レイヤー数は多すぎても少なすぎても使いにくくなりま す。そもそもレイヤーとは「今自分の触っているオブジェクトがどの位置(上下関係)にあるのかを知るもの」ですので、膨大なレイヤー数でパレット右側にス ライダーが現れるようでは、機能していないのと変わらないでしょう。

手動で増えすぎているレイヤーは自分の管理でなんとかなりますが、こんな状態になった事ありませんか?

これはサブレイヤーと呼ばれて、レイヤーの中にあるオブジェクトの上下関係も表示できる大変便利(?)な機能です。

レイヤーパレット右上の▼から、レイヤーに分配(シーケンス)もしくはレイヤーに分配(ビルド)を選択するとこのような状態になるらしく、うっかり触るとこの表示のレイヤーは完全に元の状態に戻すことはできません。

どうしても戻したいという場合、次のステップを踏みます。

1.レイヤーパレットの、パネルオプションを表示させ、設定を変えます。

2.該当のレイヤーにあるオブジェクトのロック、非表示を解除し、ガイドラインを含む全てをコピー。(もしくはカット)。

元のレイヤーにあるものは、必要、不要とわず全てコピーしてください。もしくはカットというのはコピー漏れを防ぐためです。

3.コピー元のレイヤーは削除。新規レイヤーを作成し、前面にペースト。(コピー元のレイヤーに〜〜オプションは外しておく)

一連の流れはこちらを御覧ください。

これで元に戻るはずです。

この症状は、うっかりレイヤーパレットを触ってしまった時だけでなく、何もしていない状態で突然起こる(バグ)で起こる事もあります。そしてこの表示になってしまうと、設定の変更だけで完全には元の状態に戻ることはできません。上のやり方はある種、元のレイヤーにあるデータは消去して、新しく作り変えるというものです。

人間と同じようにIllustratorの風邪だと思って、慌てず適切な処理で仕事を進めてくださいね。

CONTACT

ご質問やご相談は、お電話、
お問い合わせフォームからご連絡ください。

0120-296-559営業時間/10:00〜18:00 休業日/土・日・祝